【レビュー】”子供の自発性”とは何かまとめてみた:おすすめ書籍『子どもの才能を伸ばす最高の方法モンテッソーリ・メソッド』

オススメ商品

お疲れ様です。YUmarunosuke(ゆうまるのすけ)です。

今回は、
 書籍『子どもの才能を伸ばす最高の方法 モンテッソーリ・メソッド』の要約
をします。

この記事はこんな人に読んでもらいたい

  • お子さんに”将来自発的に行動してもらいたい”と考えているあなた
  • “モンテッソーリ教育”に興味を持たれているあなた

この記事を読めばこんなことがわかる

書籍『子どもの才能を伸ばす最高の方法『モンテッソーリ・メソッド』の要約
  • “自発的に行動する”=”安心して、子供自身が考え、選んだ行動をやりきること”
  • 子供にとっての安心
    • ①考え方や行動を否定されない
    • ②子ども自身の感情に共感してくれる
    • ③子どもが自分自身の特性を理解し、”好き”・”得意”を選ぶことができる
  • 子供が”自発的に行動”できる環境を大人が作り出してあげることが重要

前置き:この記事ではモンテッソーリ教育自体にはふれません

紹介する書籍書籍『子どもの才能を伸ばす最高の方法 モンテッソーリ・メソッド』は、
題名にも記載されている『モンテッソーリ・メソッド』、『モンテッソーリ教育』について詳細に説明しています。

『モンテッソーリ教育』とは、

  • 将棋界 藤井聡太棋士
  • Amazon CEO ジェフ・ベゾス
  • Facebook 創業者 マーク・ザッカーバーグ

など、創造力に長け、いわゆる”優秀”と呼ばれる人が受けた教育です。

細かな思想・方針などについては、本書で詳しく説明されています。

モンテッソーリ教育を実践されている保育施設がありますので、
ご興味があられる方は是非調べてみてください

書籍『子どもの才能を伸ばす最高の方法 モンテッソーリ・メソッド』目次

第1章 モンテッソーリ・メソッドで育つとどんな大人になるのか
第2章 子どもの才能を伸ばすモンテッソーリ・メソッドとは
第3章 子どもが育つ「環境」を整える【家庭編】
第4章 子どもが育つ「環境」を整える【子供の家編】
第5章 小学校以降のモンテッソーリ・メソッド

この記事ではモンテッソーリ教育自体の説明には触れませんが、
モンテッソーリ教育の根底にある思想の要約を書いていますので、
是非最後までこの記事を読んでいただけると嬉しいです。

この本を選んだ理由:自発的に行動できる子供を育てる方法を学ぶため

このブログは”『親・教育者』が、子供からの『プログラミングに関するちょっとした質問』に答えられるようになる”ことを目標として立ち上げました

  • 親御さん・指導者の方は、子供に”答えを教えない”
  • あくまでも子供から問われたときにサポートする

という関係性で、子供がプログラミング的思考を身に着けていくことが理想であると考えています。

しかし、子供が”自発的に”プログラミングを学んでいくことを前提として、記事を書いています。

そこで、

  • そもそも”自発的に学ぶ”とはどういう状態であるのか、
  • 親御さん・指導者の方がどのように子供と接することで”自発的に行動”するクセがつくのか、

ヒントが得られると考えて、この本を読んでみました。

“自発的に行動する”=”安心して、子供自身が考え、選んだ行動をやりきること”

親御さん・指導者の方が子供に対して、
「自分で考えてやってくれているな」と思う要素は次の3つであると考えました。

親御さん・指導者の方が子供に対して「自分で考えてやってくれているな」と思う要素

①子供自身が考え、選ぶ

②選んだ行動をやりきる

③子供が安心している状態

①子供自身が考え、選ぶ

まず、親御さん・指導者の方が子供に対して意識しておくべき前提は、

“子供は自ら学ぶもの”

です。

どうしても、お子さんに対して

  • 親が教えてあげないと、選んであげないと・・・
  • 先生は教えることが仕事だから・・・

と考え、すぐに”答え”を教えてしまうことは多いのではないでしょうか?

しかし、子供って「どこでそんなことを覚えてきたの?」とビックリさせてくることも多いのではないでしょうか?

大人が思っている以上に、子供は周りからたくさんのことを学習し、
自分の知識として吸収します。

ここには、”子供自身が選んで学んだ”という自主性があります。
好奇心ともいえますね。

②選んだ行動をやりきる

自分自身で選んだ行動について、

成功したら「自分一人でできたんだ!」と自己肯定感が高まり、

別の新たなことにもチャレンジするようになります。

失敗しても”自分で考えて行動した体験”が残ります。

『失敗は成功のもと』です。

失敗体験から、

  • なぜ失敗してしまったのか?
  • 失敗しないためにはどのように改善すればよいか?

これらも考えさせ、改善行動をさせることで、
失敗を恐れず、どんどん自ら行動していく習慣が身についていきます。

③子供が安心している状態

安心している状態を作り出すためは、次の要素が影響します。

安心している状態を作り出す要素

考え方・行動を否定されない

②子ども自身の感情に”共感”してくれる人がいる

子ども自身が”好き”・”得意”と思えることをやっている

つまり、子供を尊重し、寄り添ってくれる人がいる『環境』を用意してあげる(①, ②)ことが重要です。

そして、子供が自分自身の特性を理解する(③)ことによって、
自分の能力を最大限に発揮できるようになります。

プログラミング教育においてモンテッソーリ教育思考を参考にすると

以前、『プログラミングには失敗はない』と説明しました。

“あるべき姿”が達成できていればどのような手順を踏んでもよい

とお伝えしています。

子供がどのようなプログラミングをしていても、
「ここはこうしなさい!」と答えを教えてしまうよりは、
子供自身に気づきを与えられるような声掛けをしてあげられると良いのではないでしょうか。

子供だから教えてあげないと何もできない
と思い込んでしまうのではなく、
親御さん・指導者はあくまでも”サポートする”という立ち位置であるとかんがえてみてはいかがでしょうか。

まとめ:子供の興味・集中の芽を摘まないよう、サポートする立ち位置にいよう

今回は、
 書籍『子どもの才能を伸ばす最高の方法 モンテッソーリ・メソッド』の要約
をしました。

書籍『子どもの才能を伸ばす最高の方法『モンテッソーリ・メソッド』の要約
  • “自発的に行動する”=”安心して、子供自身が考え、選んだ行動をやりきること”
  • 子供にとっての安心
    • ①考え方や行動を否定されない
    • ②子ども自身の感情に共感してくれる
    • ③子どもが自分自身の特性を理解し、”好き”・”得意”を選ぶことができる
  • 子供が”自発的に行動”できる環境を大人が作り出してあげることが重要

Amazonのサービス “Kindle Unlimited” に加入すると、
この書籍を含め、200万冊以上の書籍・雑誌が読み放題です。
(初月無料。その後980円/月 ※自動更新なのでご注文を)

是非一度、モンテッソーリ教育はどのようなものか、
本書や関連図書を通じて把握してみてはいかがでしょうか?

では、次の記事までごきげんよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました