【はじプロ】つまづきやすいポイントを解説してみた(ヒンジれんけつノードン攻略)

【初心者向け】-ヒンジれんけつを解説してみた-『ナビつき!-つくってわかる-はじめてゲーム-プログラミング』 はじプロ解説

お疲れ様です。YUmarunosuke(ゆうまるのすけ)です。

今回は、「ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング」
(はじプロ)の”ヒンジれんけつ”の解説
をします。

「はじプロ」のことを知らない方は、是非過去の記事をご覧ください。

リンク:【親子向け】プログラミング教育の救世主?Nintendo Switch「ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング」発売!

リンク:【レビュー】『ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング』は”問題解決能力”を伸ばすことができる良ソフト!

レッスン4でマッピングノードンが登場しました。

『れんけつしたモノをクルクル回すことができちゃう』と説明されています。

ヒンジれんけつノードン説明

れんけつが必要になりますので、組み合わせがややこしいですよね。

この記事では、過去の記事と合わせてどのように設定すれば使えるかを書いていきたいと思います。

ノードンガイドに説明があるかもしれませんが

  • 早くサッと確認したいあなた
  • 一から理解して学びたいあなた

是非ご覧になってください。

この記事はこんな人に読んでもらいたい

  • ナビつきレッスンを”何となく”進めてしまっていたあなた
  • “ヒンジれんけつノードン”をどのように使えるかイメージできていないあなた

この記事を読めばこんなことがわかる

本記事のまとめ
  • ヒンジれんけつノードンを使う場合に設定する要素は次の4つ
    1. どのノードンを乗せる(れんけつする)か?
    2. 乗せたノードンを動かすか?動かさないか?
    3. 乗せたノードンを何度回すか?
    4. どの座標軸で回すか?
  • ヒンジれんけつノードンが受け取った数値は”角度”と認識される

そもそも”ヒンジ”って何?蝶番(ちょうつがい)ってご存知ですか?

解説に入る前に、

そもそも “ヒンジ” って何かご存知でしょうか?

またの名を ”蝶番(ちょうつがい)” と呼ばれます。

押し引きするドアの横に付いているこれのことです。

蝶番(ちょうつがい、ちょうばん)とは
画像引用・リンク先:蝶番(丁番・ヒンジ)とは|メーカーが教える基礎知識【スガツネ工業】 ( gatsune.co.jp/hinge-selection/about/ )

軸(ピン)を中心に、両端についているモノを回転させる部品です。

ノートパソコンが画面を閉じることができるのもヒンジがあるからですね。

モノのイメージができれば、いざ自分でゲームを作る際に取り扱いやすくなります。

このゲームだけでしか使えない知識として覚えるのはもったいないので、

お子さんにも現物を見せて、知識として身につけてもらいましょうね。

解説:ヒンジれんけつノードンの使用例

では、本題のヒンジれんけつノードンの解説に移ります。

ヒンジれんけつノードンを使う場合に設定する要素は次の4つです。

ヒンジれんけつノードンを使う場合に設定する要素
  1. どのノードンを乗せる(れんけつする)か?
  2. 乗せたノードンを動かすか?動かさないか?
  3. 乗せたノードンを何度回すか?
  4. どの座標軸で回すか?(のちに動画で示します。)
ヒンジれんけつノードン説明1
ポイント1:どのノードンを乗せるか?
ヒンジれんけつノードン説明2
ポイント2:乗せたノードンを動かすか?動かさないか?
ヒンジれんけつノードン説明3
ポイント3:乗せたノードンを何度回すか?

ポイント1:どのノードンを乗せるか?

  • モノノードン(シンプルなモノ/オシャレなモノ/とくしゅなモノ)
  • キャラクター

これらのノードン全て乗せる(れんけつさせる)ことができます。

ポイント2: 乗せたノードンを動かすか?動かさないか?

ヒンジれんけつノードン説明2
ポイント2:乗せたノードンを動かすか?動かさないか?

動かさないノードンの周りを、動かすノードンがクルクルと回ります。

どちらのノードンも”動く”設定にすると、面白い挙動をしますので、
是非試してみてください。

試してみる前に、どのような挙動をするか、子供と一緒に想像することも大事ですね。

ポイント3: 乗せたノードンを何度回すか?

最も気を付けなければならないポイントです。

レッスン4で設定したシーソーのように、
受け身的に力を受けて動くようなモノを作りたいときは、
ヒンジれんけつノードンにシグナルを入力する必要はありません。

一方、

  • Lスティックで操作できるようにしたい
  • ずっと一定速度で回るように設定したい

と “あるべき姿” を考えている場合は、シグナルを入力する必要があります。

その際に気を付けなければならないポイントは、

 ヒンジれんけつノードンが受け取った数値は “角度” と認識される

という点です。

以前の記事(マッピングノードン解説)で記載していますが、

  • 0~1の範囲しか出力できないノードン
  • 0~1より大きい(小さい)値を出力できるノードン 

があります。

例えば、Lスティックノードン を直接 ヒンジれんけつノードン につなげます。

Lスティックノードンは、“0~1の範囲しか出力できないノードン” ですね。

Lスティックを最大に倒しても、ヒンジれんけつノードンには 1 しか入力されません。

従って、ヒンジれんけつノードンは 1° しか回転しません。

もっとたくさん回したいんだ!という方は、

 Lスティックノードン ~ マッピングノードン ~ ヒンジれんけつノードン

とつなげて、Lスティックノードンの入力を変換したのちに、
ヒンジれんけつノードンへと出力してください。

ポイント4:どの座標軸で回すか?

Xヒンジれんけつノードンのプログラミング画面と動きを示します。

Xヒンジれんけつの場合は、”X軸方向に軸(ピン)を挿す” イメージをしてください。

Xヒンジれんけつノードンの設定
Xヒンジれんけつノードン実行画面

Yヒンジれんけつノードンのプログラミング画面と動きを示します。

Yヒンジれんけつの場合は、”Y軸方向に軸(ピン)を挿す” イメージをしてください。

Yヒンジれんけつノードンの設定
Yヒンジれんけつノードン実行画面

Zヒンジれんけつノードンのプログラミング画面と動きを示します。

Zヒンジれんけつの場合は、”Z軸方向に軸(ピン)を挿す” イメージをしてください。

Zヒンジれんけつノードンの設定
Zヒンジれんけつノードン実行画面

入力シグナルの正負による回転方向については、過去の記事をご覧ください。

回転に関する復習

“回転”の基本ルールは座標軸の+方向から見て時計回り

まとめ:

今回は、「ナビつき!つくってわかる はじめてゲームプログラミング」
(はじプロ)の”ヒンジれんけつ”の解説
をしました。

本記事のまとめ
  • ヒンジれんけつノードンを使う場合に設定する要素は次の4つ
    1. どのノードンを乗せる(れんけつする)か?
    2. 乗せたノードンを動かすか?動かさないか?
    3. 乗せたノードンを何度回すか?
    4. どの座標軸で回すか?
  • ヒンジれんけつノードンが受け取った数値は”角度”と認識される

ヒンジれんけつノードンだけではなく、スライドれんけつノードンについても同じような設定で使えます。

では、次の記事までごきげんよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました